0タイムクレンジング

生オイルのゼロタイムクレンジングの口コミサイトです。

クレンジング選びって難しいですよね。

クレンジングオイルってあんまりよくない、という話をよく耳にするのですが、リキッドやジェルはアイメイクまでちゃんと落ちないし、やっぱり昔からオイルをつかってるからオイルがいいのだけど、なかなか肌にも優しくてそれでいてメイクもちゃんと落ちるっていうのがみつかりません。

でも、私見つけちゃったんです・・・

すごい成分で、それでいて価格も抑えめの究極のクレンジングオイルを!!

それが、この生オイルクレンジング、ラウディのゼロタイムクレンジングなんです。

自己紹介します

運営者です

私は20代後半のOLで、化粧品会社にお勤めしていて、生意気にも商品開発をしています。

うちの会社はクレンジングや化粧水なんかの基礎化粧品は取り扱っていなくて、ドラッグストアやバラエティショップなんかで売られているプチプラのメイク用品の会社です。

ですので、基礎化粧品の知識はほとんどないのですが、やはりある程度の成分の知識は必用なので一応成分については少しは勉強しています。

職場には理系の人もいて、詳しい成分なんかはその人が判断するんですが、商品開発するにしても、他社の商品をチェックするにも成分の知識が必用なんです。

なので、普通の人よりも、基礎化粧品もおそらくかなり化粧品の成分が気になっちゃって、ついつい商品の裏をみちゃうんです。

特にクレンジングって、成分が重要で、肌のキレイな人はクレンジングにお金をかけるっていう話を聞くので、どこかに成分がよくって、それでいて価格がおさえられたもの常に探しているのです。

すごい肌のキレイな40代の人に聞いてみた

職場の上司(女性)にすごく肌のキレイな人がいるので、クレンジング何をつかっているのかを聞いたところ、デパコスでも定番の、某クレンジングオイルを生み出したメーカーさんのものを使っているそうでした。

そこのメーカーさんのオイルは私も一度使ったことがあるのですが、たしかにすごくよかったです。メイクもしっかり落ちるのに、それでいて全然肌が乾燥しないすぐれものでした。

そういえば、某ランキング雑誌でも「A」評価でしたね。

でも、そのクレンジングオイルはすごくお高いんです。私のクレンジングの予算をはるか超えているのです。容量150mlサイズで5000円近くするんですよね。

たしかにクレンジングにはお金をかけるべきなんですが、メイク用品も、ネイルも、お洋服にもお金かかるから、なるべくそこんとこはお金おさえたい訳ですよ。

いつも1000円くらいのドラッグストアのクレンジングオイルを使っているので、やはり2000円代までの価格であればなんとかいけそうなんです。

ラウディのゼロタイムクレンジングに出会った

たまたまネットで見つけたのが、このラウディのゼロクレンジングなんです。

ラウディといえば、BB&CCクリームが有名で、友達でも使っている人がいるので知っていたのですが、クレンジングが新しく発売されたみただったのです。

いつも真っ先に成分から見るので、いつもどおり成分表をみてみてびっくり!

サイトに生オイルクレンジングって、かいてあったから何が生なの?とおもっていたのですが、なんと、コメヌカ油が主成分だったんです!!(コメヌカ油がなぜ良いのかは後で説明します)

お値段はそこそこだったのですが、ギリ私のクレンジング予算の2000円台で、送料も無料。

これは使ってみるしかないでしょう!ということで、ポチリました。

ラウディのゼロタイムクレンジング到着!

注文してから2日後に商品は到着しました。

0タイムクレンジング送付箱

クレンジングなのに結構おっきな箱で来ましたよ。

0タイムクレンジング中身

開けてみるとお手紙といろいろなチラシがはいっていました。

0タイムクレンジングパッキング

商品はプチプチに袋に入れられて、隙間はエアパッキンで包まれて厳重に保護されていました。

むさんか通信

はいっていた冊子によると、ラウディの化粧品は「無酸化」がテーマで、老化を引き起こす酸化を防ぐことを目的に商品が作られているそうです。

0タイムクレンジングの箱は開けやすい

箱を開けてみようとすると、これは気が利いているなあとおもいました。いつも化粧品の箱って、丸い透明のシールみたいなので封がされていますよね。あれって、開けるのに結構ストレスじゃありません?ネイルをしていたら特に開けにくいのです。

でも、こんなビリッと破る箱ならすぐに開けられので助かります。
うちの商品でもマネできないかなあ。

ゼロタイムクレンジング全容

あんなに厳重に梱包されていたので、てっきりガラス瓶だとおもっていたのですが、プラスチックの容器です。これなら洗面所やお風呂場でも安心して使えますし、容器は四角いので安定していて、ポンプで出しやすいです。(今まで使っていたオイルクレンジングは容器も小さく丸いので安定が悪く、ポンプを押す時によくこかしてしまうのですよ)

ゼロタイムクレンジング裏

容量は180mlとたっぷりとはいっています。
化粧があまり濃くない私だと多分2ヶ月は余裕で持つと思います。

ラウディのゼロタイムクレンジング使ってみました

まずは手に擬似的にメイクを施し、メイクの洗浄力をチェックしてみました。

クレンジング力テスト

手にはファンデーションを全体的に塗り、コンシーラー、アイブロウ、お湯で落ちるタイプのマスカラ、アイシャドウ、ウォータープルーフのアイライン、そして口紅を塗りました。

手にゼロタイムクレンジングを乗せてすぐ感じたのは、テクスチャがサラサラだということです。
オイルなのに、まるで水のようにサラッとして、とても肌に馴染みが良いです。

クレンジング2~3回

2~3回程度手の甲をくるくるとしてオイルをなじませたのがこの写真です。
口紅は結構浮いてきていますが、メイクはほとんど変化ありません。

30回後

30回ほどくるくるした後がこれ。
ほぼほぼメイクは落ちていて、洗浄力の高さがわかります。さすがオイルクレンジングです。ですが お湯で落ちるタイプのマスカラはさすがに残っていますね。

ぬるま湯で洗い流した

こちらがぬるま湯でさっと洗い流したところです。
ほぼほぼキレイに落ちています。

洗い流した後

そして、お湯を流しながらくるくる乳化させて洗い流した後がこちら。
やっとお湯で落ちるタイプのマスカラはキレイになりました。

洗った後は肌はスッキリしていて、でもしっとりしていました。

実際この後、メイクをした状態でラウディのゼロタイムクレンジングでクレンジング洗顔しましたが、オイルがさらっとしているので、メイクにとっても馴染みやすくて、スルスルと顔をなでるようにすれば良いので心地よい感触です。

最近温感クレンジングジェルなるものが流行っていますが、あれってかなりテクスチャが堅いし、メイクの馴染みもあまりよくなくって、せっかく購入したもので使わなくなったものがあります。

やっぱりオイルクレンジングが良いですよね~。

ラウディのゼロタイムクレンジングはクレンジングオイルですが、ダブル洗顔の必用のないタイプなので、これで洗顔終了です。洗い上がりも全くベタベタの皮膜感はありません。
とにかく肌は触りすぎると肌を痛めてしまうので、ダブル洗顔せずにきちんと汚れが落ちるので安心です。

洗い流した後も、手で感じたように、肌はしっとりとしていて、すぐに化粧水をつけなくても良いくらい潤っていました。

しっとり度合いを測定してみました。

肌の油分と水分量を測定する機械を持っているので、試しに数値を測定してみました。
季節は真冬の寒い晴れの日で、室内もものすごく乾燥していました。

肌水分量測定器

測定の機械はアプリ対応の測定器で、肌にこれを押し当てて測定します。
こんなチャチなおもちゃっぽいのですが、これ結構きちんと測定できるんですよ。

洗顔前肌水分量測定結果

こちらが洗顔する前、朝にスキンケアし、化粧もした状態での私の肌の油分と水分量です。

油分:23.9%
水分:35.8%

アプリからは「あなたのお肌は乾燥気味です!」といわれる始末。
朝ちゃんとスキンケアしたんですけどね~。

1時間語の測定結果

そしてこちらが洗顔後、1時間なにもせずに放置後に測定した数値です。

油分:30.2%
水分:45.2%

アプリからは「水分量は十分です。引き続き維持しましょう」と褒められました!

寒い乾燥の時期に洗顔後何もつけずにいる事自体は正直無謀で怖かったのですが、全然大丈夫でした。

いつもは洗顔後に肌のピキッとした感じがして、あわてて化粧水をぬるのですが、ゼロクレンジングでクレンジング洗顔後は、そんな感じがなく、「あ、これなら1時間くらいなにもつけずにいる実験できるな」と思ったのです。

案の定数値もそれを表してくれていて、驚きました。

オイルクレンジングなのにこんなに潤ってくれているなんて・・・

ラウディのゼロタイムクレンジングのご購入はこちらから>>

ミネラルオイルはなぜよくないのか?

ミネラルオイルは悪いの?

オイルクレンジングは肌に悪いといわれているのには訳があります。

オイルクレンジングの主成分は当然ながらオイル=油などの油性成分で、中身の70~80%はそのオイルで構成されていて、残りの15~20%が界面活性剤、残り5%ほどが美容成分などのエキスや防腐剤などとなっています。

そして、お値段のお安いクレンジングには概ね、ミネラルオイルという合成の油脂が配合されていて、それが結構お肌に悪さをしてしまうのです。

ミネラルオイルは石油の原料にした石油などを原料とした合成油脂なので、それ自体は安全性の高い原料なのですが、その特徴に問題があるのです。

これは私が成分を勉強している本のミネラルオイルのページなのですが、ここには特徴として注目したい2点が書かれていました。

ミネラルオイルとは

  • 肌への吸収性が低いため肌表面にとどまりやすく、水分蒸発を防ぐ保護力に優れています。
  • クレンジング力も高いので、クレンジングの油性成分として使用されます。

問題は、肌表面に留まりやすく、ということです。

オイルイメージ

クレンジングオイルとしては優れた成分で安全性も高いのですが、いかんせん落ちにくいということなのです。

一番上の段に、「室温で液体=ミネラルオイル、室温で個体=ワセリン」だとあります。
ワセリンって、保湿剤として重宝されて、ボクサーの人が怪我をしたら止血とパンチされても、ヌルヌルにして滑りやすくしてパンチを避けるために利用されるくらい、べたべたしているのです。

それと同じ成分であるミネラルオイルですから、そりゃ、なかなか肌にべったりとくっついて取れにくいはずです。

ということで、肌にヌルヌルが残り残留感があるのでW洗顔が必用になり、肌への刺激が増えてしまいます。

W洗顔不要なミネラルオイル配合のクレンジングオイルもありますが、それにはミネラルオイルを強力に乳化させ、簡単に落とせるように強力な合成界面活性剤が多く使われていると考えられます。

そんなクレンジングオイルには台所用洗剤と同じくらいの強力な合成界面活性剤が使われているそうで、その合成界面活性剤は肌の必用な成分までさっぱり!と洗い流してしまうのです。(恐ろしや・・・)

私が以前使っていた(その頃はまだ今の職場に配置される前で成分のことなんて知らなかったのです)クレンジングオイルにはばっちりこのミネラルオイルが配合されていました。

プチプラオイルクレンジング

うちに残っていたクレンジングで同じようにクレンジングの実験をしたところ、驚きました。

洗浄力テスト2

洗浄力テスト結果1

数回くるくるしただけで、かなりのメイクが落ちてきて、20回もしただけで、キレイさっぱりとメイクは落ち、落ちないはずのお湯で落とすフィルムタイプのマスカラまで落ちちゃいました。

洗った後はベタベタしているので泡洗顔も必用です。洗いあがりはしっとりはしていませんし、実際に顔のメイクを落とすと、タオルで水を拭き取った直後から、肌がパキッとしてきてすぐにつっぱりを感じました。すぐに化粧水をつけなければ大変な自体になってしまいます。

ミネラルオイルのクレンジングオイルはすぐにメイクが落ちて楽チンですが、結果肌の必用なものまで落としすぎるんです。

ラウディのゼロタイムクレンジングは安心のコメヌカ油が主成分

ゼロタイムクレンジングの全成分をみてみましょう。

コメヌカ油、パルミチン酸エチルヘキシル、テトラオレイン酸ソルベス-30、ドデカン、ハイブリッドサフラワー油オリーブ果実油、(パルミチン酸/エチルヘキサン酸)デキストリン、トリエチルヘキサノイン、シラン根エキス、ダマスクバラ花エキス、ビルベリー葉エキス、セラミドNS、セラミドNP、セラミドAP、セラミドEOP、セラミドEOS、カプロオイルフィトスフィンゴシン、カプロオイルスフィンゴシン、コレステロール、遺伝子組換カイコヒト遺伝子組換ポリペプチド-47、トコフェロール、パルミチン酸アスコルビル、グリセリン、BG、エチルエキシルグリセリン、セタノール、べヘン酸、セテアレス-25、水、フェノキシエタノール、香料

コメヌカ油、そしてパルミチン酸エチルヘキシル、ハブリットサフラワー油そしてオリーブ果実油という油性成分がクレンジングの70~80%を占めるオイルとして配合されていますね。

コメムカ油の原料はお米

コメヌカ油はご存知の通り天然の油で、昔からコメヌカは肌の良いと知られていて美容にもよく使われている成分です。

酸化しにくい油で、ビタミンB1、B2、アミノ酸などが豊富に含まれています。最近ではコメ油として食用でもその健康成分が話題ですよね。

また、コメヌカ油に含まれるコメヌカスフィンゴ糖脂質コメヌカセラミドといわれていて、角質内の細胞間脂質のセラミドと同じような働きをしてくれます

コメヌカ油は体にも肌にとってもよい成分なのですが、原材料費が高いのです。食用のこめ油も、普通のサラダ油よりかなりお高いですよね。その為、値段のお安いクレンジングオイルには配合することは難しいのです。
※ちなみに、食用のこめ油もコメヌカ油も同じコメヌカから取れた油で、食用はJAS規格でこめ油と呼ばれることになっているそうです。

おそらくですが、オイルクレンジングは原料の70~80%の油性成分の一番多く配合されている成分ですので、ラウディのゼロタイムクレンジングは中身の半分近くがコメヌカ油でできていると思います。(詳しい配合量は不明ですので、あくまでも私の推測です)

ですが、ゼロタイムクレンジングにはその高価なコメヌカ油を主成分にしながら、私でも手の届く価格にしてくれているから優秀なんです!!

また、コメヌカ油、ハブリットサフラワー油、オリーブ果実油いずれも酸化しにくい天然油脂です。

通常、天然の油脂というのは酸化しやすいので化粧品に使うのは難しいのですが、ゼロタイムクレンジングに使用されているこれらの油脂は酸化しにくい特徴があり、いつでもフレッシュなオイルでクレンジングできるので、肌にも良いのです。

だから、生オイルクレンジングなのですね~。

ラウディのゼロタイムクレンジングはおいくら?

ラウディのゼロタイムクレンジングは定価が3400円(税抜き)送料無料で購入できます。
しかし、定期購入すれば初回は50%オフの1940円、2回目からも20%オフの3120円(税抜き)送料無料となります。

2回め以降も定期購入は20%オフですし、定期購入したとしても2回めのお届け分からいつでも中止・再開もできます。定期購入のしばりはないようです。

定期購入の間隔は1ヶ月、2ヶ月と選択できますので、自分の使う量によって調節できます。

私の使用した実感としては、ゼロタイムクレンジングは2ヶ月分は十分にあるので、2ヶ月間隔で良いとおもいました。

2ヶ月定期購入だと、1ヶ月分1560円、1日分はたったの50円です。

会社の上司が使っている高級なクレンジングオイル、そしてテレビCMでも有名な某マイルドなクレンジングオイルとのお値段と比較してみました。
某マイルドなクレンジングオイルは以前使っていたことはありますがあまり良いと感じなかったのです。たしかにメイクお落ちはよいのですが、毛穴はやっぱり気になっていましたし、なにより乾燥までは改善されませんでしたから。

某高級なクレンジングオイル
150mlで4752円 1mlあたり31.68円

某マイルドなクレンジングオイル
120mlで1836円 1mlあたり15.3円

ゼロタイムクレンジング 
180mlで2938円 1mlあたり18.7円

上司が使っている高級クレンジングオイルはとってもよいのはわかってはいるのですが、価格的にゼロタイムクレンジングの倍、私にはちょっと手が出ません。

某マイルドなクレンジングオイルは、ゼロタイムクレンジングと3円ちょっとの差でお安いですが、成分的には全然ゼロクレンジングの方が全然上です。

やっぱりよいクレンジングを・・・

私はメイク用品の開発をやっていますので、いろんなモニターさんに化粧品を試してもらいますが、肌のキレイなモニターさんに試してもらうと、やっぱりメイクが数段も映えるんですよね。

良いクレンジングを!

メイクのテクニックももちろん大切ですが、「色の白いは七難隠す」と昔のことわざがある通り、肌がキレイで白いとそれだけで、女性はキレイに見えちゃうんだから仕方ありませんよね。

そのためには、まずはクレンジングは質の良い成分で作られたものを選ぶことが大切です。

質のよいというのは、お値段だけではありません。1万円近くする高級なメーカーさんのクレンジングオイルでも、ミネラルオイルを使っているものもありますからね。

私は色々とクレンジングを試してみましたが、ゼロタイムクレンジングオイルは成分的に今までで一番肌に良いと感じています。そして、お値段的にも1か月分だと1000円代で、納得いく価格です。(1本を2か月で使った場合)

ゼロタイムクレンジングを使いはじめて数週間経ちますが、目立っていた鼻のブツブツもかなりましになり、なにより肌に透明感が出てきました。

お陰でファンデーションのノリもよくなり、今までよりファンデーションが少ない量で済むようになりました。

お昼になっても今までよりも化粧崩れがすくなくなったのは、おそらくお肌の水分量が整っているので、皮脂も過剰に出過ぎなくなったようです。あぶらとり紙の油が少なくなっちゃたのは驚きです。
お陰でメイク崩れもすくなくなりました。

最近職場の人からも、「なんだか肌キレイになったんじゃない?」と聞かれるし、ほんとうに、ゼロタイムクレンジングのおかげです。

もし、あなたもクレンジング選びに迷ってらっしゃるなら、ラウディのゼロタイムクレンジング、おすすめです!ぜひお試しください!!

ラウディのゼロタイムクレンジングのご購入はこちらから>>


このページの先頭へ